薄毛の原因

人に言えない悩み.com
悩み解決TOP | 女性の悩み | 男性の悩み

薄毛の原因


日本で薄毛に悩む人は1000万人とも言われています。

薄毛は中高年の男性というイメージが大きいですが、若い世代や、女性の間でも薄毛で悩んでいる人が増加しており、ひとりで悩んでいる人も少なくないようです。

薄毛(うす毛)の原因

男性ホルモン
男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという変換酵素の働きによって、デヒドロテストステロンというホルモンに変換され、毛乳頭細胞にある受容体と結合する事で、発毛を抑制(毛乳頭細胞に髪を作らない信号を送る)してしまうと言われていますが、はっきりとしたメカニズムはまだ未解明。

遺伝
遺伝の影響は大きいです。 親がハゲていなくても、隔世や隔々世もあります

食べ物・喫煙
油物の摂り過ぎで血中コレステロールが増加すると、血がドロドロの状態になり末端の頭皮まで血が流れにくくなり、抜け毛につながります。 食べ物を制限した無理なダイエットが抜け毛の原因になります。
たばこのニコチンは血管を収縮させる働きがあるため、血液の流れが悪くなり、よって脱毛を促進すると考えられています。

不規則な生活
肌と同じく髪の毛は夜間ゴールデンタイム(10時〜3時)に成長します。
髪や皮膚は、寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによってダメージヘアを修復しますで、睡眠不足は髪にも良くありません。

ストレス
体や心が緊張すると筋肉が収縮して血管が細くなり毛根部に栄養分が十分運ばれなくなり、毛髪が育たなくなります。円形脱毛症は、ストレスが第一の原因だと言われています。

ヘアケア
大手などのシャンプーの主成分の界面活性剤は、染み込むように皮膚細胞内へ細胞を殺したり弱らせる作用があるため、十分にすすぎをしないと、抜け毛につながります。

(C)copyright 悩み解決.com all right reserved