不妊症

悩み相談.com 

不妊症は10人に一人

悩み解決 | 女性の悩み | 男性の悩み
悩みスッキリ解決
結婚 恋愛
浮気調査

身体
胸 大きく
視力回復 手術
スカルプケア
植毛 体験 芸能人
薄毛の悩み
腰痛 改善
水虫対策
口臭予防
体臭 悩み
フェロモン 出す

病気
名医
がん保険
女性の保険

悩める女性は10人に一人 不妊の治療法


不妊症の女性の多くは、結婚して、子供か欲しいという状況になって初めて、自分がそうであることに気がつくものですが、今では約10人に1人の女性が不妊に悩んでいると言われています。

不妊の定義

正常な夫婦生活(夜の営み)を営んでいる場合、初めての妊娠でみると、結婚後6ケ月で約65%、1年間で約80%、2年間で約90%、3年間で約93%の女性が妊娠するとされています。しかし、妊娠を希望しているにも関わらず、約2年を経過しても妊娠の成立をみない場合があります。これを一般的に不妊と言います。

不妊には大きく分けて6つの原因があります。

タイミング
タイミングが悪いだけというケースはとても多く、絶対的な原因が無いにも関わらず、自然妊娠が出来ない状態です。排卵の周期が不規則だったり、周期を把握していないなど、単純にこの問題だけを解決することで、妊娠に至る確立はかなり高くなります。

排卵の問題
排卵が正常に行われていない状態で、不妊原因の一番多くを占めています。通常は、卵巣から毎日一度、一個ずつ排卵が行われますが、ホルモンの分泌に問題があると、排卵が不定期だったり、全く起こらないことがあります。

パートナーの問題
男性側に問題がある場合です。精子の数などの、造精子機能の障害が主な原因として挙げられますが、精子の通り道である精管が、何らかの原因で閉鎖されている場合もあります。不妊は女性だけでなく、男性側の協力も絶対に必要となります。

卵管の問題
卵管の詰りや癒着によって、卵子、精子、受精卵が通過出来ない状態で、不妊原因の20〜30%を占めています。癒着は、虫垂炎や腹膜炎の手術、クラミジア感染の増加によって、気がつかない問に発生していることがあります。

頚管の問題
子宮の入り口部分である子宮頚管に問題がある状態です。子宮頚管は、排卵期が近づくと粘液を活発に分泌し精子の選別を行います。子宮の入り口が狭すぎたり、粘液に問題があると精子を通過させないことがあります。

子宮の問題
子宮の位置や形、機能に問題がある状態です。子宮は、受精卵が着床し赤ちゃんが産まれるまで成長する場所ですが、発育不全や極端に大きい小さいなど形に問題があると、着床自体が出来なくなってしまいます。

スポンサードリンク


検査と治療法

基礎体温をつけることが、不妊治療の大前提となります。これにより、タイミングを把握することが可能となりますし、排即日や月経の周期に合わせて行う検査もあるので、病院に相談する前には、基礎体温をつけておくのがよいでしよう。

どうして不妊なのか、様々な検査で原因を探っていきます。
@月経後ホルモン検査 月経後のホルモンバランスの検査。
A子宮卵管遺影検査 子宮の形態卵管の疎通性の検査。
B超音波検査  卵胞計測や内膜の厚さの検査。
C頚管粘液検査 粘液が正常な状態(サラサラ)かの検査。
D尿LH検査 排即日の予測するための検査。
Eフーナーテスト 精子の数や運動機能の検査。(前日夜に性交、排卵期の朝に来院して行う。)
F排卵後ホルモン検査 黄体機能が正常かの検査。
G多のう胞性卵巣の検査 空腹時血統、インスリン、男性ホルモンの検査。
H精液検査 パートナーに協力してもらう検査。(5日間禁欲後、自宅採取。)

不妊の治療法

検査の結果、必要があればホルモンの投与なとを行い、正常な基礎体温に戻るように改善していきます。検査と治療を行ったにも関わらず、不妊の状態が続く場合は、人工授精と、体外受精という方法もあります。しかしこちらは費用と時間だけてはなく、気持ちの面でも大きな負担がかかります。まずは、基礎体温計をつけ、検査を受けることを優先し人工授精と体外受精は、それてもとうしようもない場合の選択肢として考えていたたければと思います。



各分野の名医
名医 人工股関節手術 人工ひざ関節手術
名医 胃がん
名医 乳がん
名医 脳・心臓・がん
名医 痛くない歯科治療
美容外科
視力回復 手術
レディースドック
胸 大きく
光線療法
スピリチュアルケア

保険
がん保険
女性の保険



(C)copyright 悩み解決.com all right reserved